ミミりんごの毎日 …ここに私がいる…

どこにでもあるような ないような そんな私の日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

~二日間(2) 『痛みが引かない』

骨折の診断が出て二日後に手術と言うことになった。
骨を固定正しく固定させるため、指の中に金具が入れられると言うことだ。
そうじゃないと、このまま親指が動かなくなってしまうらしい。
そんなにひどい状態だったのかと、息子も私もショックを受けた。

私は、すぐに整形外科に連れて行かなかったことを悔やんだ。
夫に「形成外科でいいんじゃないか?」と言われたのを鵜呑みにした。
と言うか、私も仕事を持っていて、時間の都合がつかず、
すぐに行けるところとしてその病院しか思いつかなかったのだ。
まさか骨折とも思わなかったし。
それに、骨折したその日は3ヶ月に一度の息子の歯医者が入っていて、
歯医者に行くだけで精一杯だった。
翌日に形成外科に連れて行き「全治2週間」と聞いただけでもクラクラしていたぐらいだったのに。

それが実際は骨折。
その形成外科の医者も、どうして分からないんだろう。
少しだけその医者に不信感を持つ。
これがお門違いな事ももちろん知っている。
病院の選択ミスをしたのはこの私だ。
私がもうちょっと息子を思いやれたら。。。。

手術後、血と消毒液で手術着の肩を濡らして、ベッドに弱々しく横たわる息子を見て申し訳なく思った。
でも、息子は意外にも前向きだった。
「がんばって早く直して試合にも出る」
そう言い切った。偉いぞ息子。

若いので回復も早いだろうと思い、全治1ヵ月半のことは部活顧問には伏せていた。
レギュラーに選ばれなくなるのを危ぶんだからだ。
しかし、大事を取ってその週1週間は部活を休んで静養させてもらった。
ちょうど定期試験前だったので、それもちょうどいいかと思っていたが、
利き手を怪我したので勉強もままならない。
そうなると、私も「勉強しなさい」とは言えなかった。
息子はインターネットにつないだり、ゲームなどをしてのんびり過ごした時間も多かったように思う。
とにかく手を休めたいと言う事で。
(でも、ゲームはやれたのか?そうなのか?うーみゅ)

その週以降、部活のほうは対外試合が相次いだ。
しかし、息子はラケットが持てない。
息子の代わりに下級生の部員が抜擢された。
それも、よく知ってる人のお子さんだった。
同じ左利きと言う意味でも都合がよかったようだ。
彼が息子の代わりにダブルス選手となり、練習試合を重ねていくことになった。
そして、彼は少しずつ、いやドンドン上達していく。

一方、手術翌週になっても、息子の手は回復しない。
鉛筆も箸も持てず、全て右手に切り替えた。
しかし、ラケットだけは右手では無理だ。
実際一度、ギブスをつけたままラケットを握ったようだが、あまりの痛さに座り込んだらしい。
それ以降は、ラケットを持つたびに部長が怒鳴って止めに入った。

部活に行っても玉拾いぐらいしかやることがない。
それも、部員にとってはスペース的に練習の邪魔になる。
息子は仕方なく、グランドを走ったらしい。
何周も何周も走ったらしい。
それぐらいしか息子にはできることがなかった。

そしてまた翌週。
私の英語のレッスン中に、息子が手が痛いと言い出した。
右手で書いているものの、ノートや問題集を押さえる手は左手になる。
そうやって紙を押さえるだけでも痛いと言うのだ。
あまり痛がるものだから、一旦リビングに連れて行き、包帯を巻き直した。
そうすると、それがきつかったようで、また「痛い」と言う。
私はなんだか無性に腹立たしくなってきた。
「どうして手術から2週間過ぎてもこんなに痛いんだ!
あそこはやぶ医者なんか!」
多分、他の生徒の耳にも聞こえていたと思う。
でも、自分の感情を抑えることが出来なかった。
一番辛いのは息子なのに。

その翌日、抜糸があるかと思ったらなかった。
抜糸が終われば楽になると思っていたのに。
でも、ギブスは少し小さめになった。
これで鉛筆は持てるようになり、二日後の定期テストにはぎりぎり間に合った。
(かと言って、テスト結果は散々たるものだったが・・・)

そして、定期テスト二日目のその日、やっと抜糸。
怪我をしてからは3週間が経っていた。
きっとこれで楽になれると思っていたが、まだ痛みがあるというのだ。
でも、もう大会まで2週間しかない。
担当医は「2週間?無理です」と言った。
「無理しないほうがいいですよ。無理して再手術になっても・・・」と。
でも、「どうしても出たい。どうしたら出れますか?
これが最後の試合なんです」と言うと、
「なら、テーピングをしてなら」と言う許可みたいなものが下りた。
そして、リハビリを始める旨も伝えられた。



とにかくがんばるしかない。
スポンサーサイト
[ 2006/07/18 10:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
形成外科と整形外科は
根本的に違うからなぁ~。
特に指の骨折は外見を見ただけじゃねー。
「どうして分からないんだろう」と責めても悪いような気がするよ・・
第一診断は近場のN整形外科でも良かったかもね。

骨折って骨が出来てきて治りかけが一番痛かったりもするし、
そんな中でもR君はラケット持とうとして頑張っていたんだね。
えらいよ!
見ていたりこちゃんも辛かっただろうね。でも、今回の事で親子関係もより良くなったんじゃない?

ちなみに、手術後のR君を車に乗せた事が会ったんだけれど、
「もう一度ば抜釘手術を受けなきゃならないのがイヤだ!手術は痛いもん!」
って言ってたよ。
その時もそばにいてあげてね。
[ 2006/07/18 15:09 ] [ 編集 ]
日記にも書いているけど
責めてないのです。自分の判断ミスって書いてるように、、、
整形と形成の違いは私自身も分かってました。
ああ書いた気持ち、どうか察してください・・・・

それよりも、仕事を持っている自分を悔やみました。
どうしてすぐに病院に連れて行ってあげられなかったんだろうって。。。(泣)
子供の怪我や病気が理由でも、私の仕事のキャンセルに不満を持つ人はいるんだよ。。。
お金をもらっている以上しょうがないね。

ただ、息子との絆は深まりました。これは実感する。
これからも中学卒業まで、毎週リハビリなんだ。
手術は受験後にするつもりです。
それまでは病院に行くまでの車中で、いろんな話が出来るなって思ってるんだ。
きっと今年は忘れられない一年になります(^-^)
[ 2006/07/18 19:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ライブ情報
プロフィール

mimiringo(りこ)

Author:mimiringo(りこ)
音楽至上主義

聴:雑食
唱:ハード
作:刹那
装:半露
奏:エアG

熟し切れない
純情派
吟遊ROCKPOEMER

Band:
Rico Funk(Funk,R&B,Soul)
アマゾンリリー(ギャルバン)
<<ライブオファー、お待ちしています>>

cherish:
夫1 
子ども2 
チワワ1 
カメ1 

favorite:
Aerosmith,Bad Company,Barkays,Beatles,Bon Jovi,Bryan Adams,Coldplay,Collective Soul,Deep Purple,Def Leppard,Doobie Brothers,Eagles,Extream,Foreigner,
Free,Guns N' Roses,Hoobastank,KISS,
Kool & The Gang,Kula Shaker,ZEP,Maroon5,
Queen,Red Hot Chilli Peppers,Rolling Stones,Rooster,Scorpions,Space Hog,Stevie Wonder,Stone Temple Pilots,Thunder,U2,Van Halen,Velvet Revolver,Whitesnake,
Wolfmother and so on

それが私

Rock Lounge「Moc Rock」
at Iwanami,Susono,Shizuoka

終了いたしました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。


↓過去ログはこちら↓
旧ミミりんごの毎日


ranking

メインサイト
「ミミりんごのきもち」




メールBOX
メッセージはお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

むしろかなり喜ぶと思われ…
音ログ

music, it's my life
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
last fm
最近聴いた曲のご紹介

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。